英語スピーキング

英会話を世界一安い値段で身に付ける、簡単3つの方法

親指を突き上げる手

英会話を身に付けるのに、どれくらいのお金がかかるだろうか?

英会話スクールに行けば、1年に数十万円はかかるし、海外留学すれば、数百万円という大金になる。

よほどお金に余裕がある人でなければ、気軽に投資できる金額ではないし、仕事をしていれば海外留学という選択肢は問題外だろう。

たしかに、オンライン英会話や書店で売られている英会話教材なら、もっと安い値段で英会話を学ぶことができるが、どれくらい効果があるのか疑問が残る。なぜなら、オンライン英会話は月数千円、書店の教材は1500円程度の安い値段で手に入るのに、それで英会話が身についたという人をあまり見かけないからだ。

それでは、どうすればできるだけお金をかけずに安い値段で英会話を身に付けられるのだろうか?

続きを読む

英語がモリモリ上達する!一人練習で必ずやりたい3つの練習法

ひらめきを示唆する指と電球

英会話は人間を相手にするものなので、最終的には人間と話すことになる。しかし、人間を相手に英語で話す前に、一人練習をしっかりしておかなければ、外国人と向かい合ったはいいけれど、言葉が一言も出てこなくて気まずい沈黙の時間が過ぎたり、デタラメに単語を言うだけになったりする。

そこで、英語で会話をするときに、正しい文法・表現でパッと英語が口から出てくるようになるために、英会話の一人練習をするときに、必ずやっておきたい3つの上達法について説明する。

続きを読む

英語の勉強法|最短かつ最楽で身につく4ステップ

黒板に折れ線グラフ

私は、大学を卒業して23歳のときに、英語を本格的に勉強し始めた。それまでは、いわゆる受験英語というやつは得意であったが、一度も英語を話したことがなかったので、英会話などまったくできなかった。もちろん、ネイティブが話している英語を聞き取ることもできなかった。

そんな私が英語だけで生計を立てられるようになって、はや10年以上がすぎた。

この記事では、私が長年かかって見つけ出した、英語を最短・最楽にマスターする4ステップの英語の勉強法について説明する。

続きを読む

英会話の例文で覚える「have」の使い方50選

苗を持つ手

「have」という単語は、英語・英会話を学び始めたときに一番最初に習う一番基本的な動詞である。

おそらくほとんどの人が、「持つ」という意味はしっかりと覚えていると思うが、他にどのような意味があるか思い出せるだろうか?

実は「have」は、「持つ」以外にも、とてもたくさんの意味と使い方がある、とても奥の深い単語なのだ。

たとえば、「have」を使って「経験する」や「身に付ける」という意味を表現することもできる。

このページでは、50の例文を使って「have」の使い方を紹介する。

続きを読む

ネイティブがビシバシ使う!英語スラング50選

疑問のある人

ネイティブどうしでの英語の会話では、スラングがビシバシ飛び交う。

スラングというのは、英語の教科書や英会話教材にはあまり載っていないけれど、日常会話ではよく使われる俗語のことである。

ネイティブの会話ではスラングがよく使われる。

学校や英会話教材では、スラングはほとんど学べないので、もしネイティブと1対1の会話ならできるのに、ネイティブが2人以上いるときに会話に入れないなら、ネイティブどうしであなたが知らないスラングを使っていることが原因かもしれない。

だから、ネイティブと自由自在に英語での会話をしたいなら、スラングを避けて通れない。

続きを読む

かっこいい英語、心に響く名言50選

太陽に向かって飛び上がる人

誰もが知っている映画スター、スポーツ選手、作家、科学者、アメリカ大統領などが言った、かっこいい英語、心に響く名言を50個集めました。

気に入った言葉があれば覚えておいて、外国人と話をするときに使ってみましょう。

「おっ、こいついいこと言うな。」

と、少し見直されるかもしれないですね。

続きを読む

英会話の勉強で初心者が陥りやすい6つの落とし穴

落とし穴に落ちる人

「長年、勉強しているのに、英会話がぜんぜん上達しない」という相談を受けることがある。

問題集や試験なら解答できるが、英会話となるとまったくの初心者を卒業できないというのだ。

どうしてそんなことになるのだろうか?

日本人なら誰でも、最低でも中学と高校の6年間は英語を勉強しているのに、それで英語を話せるようになる人はゼロに等しい。

もちろん、中学や高校では受験英語を勉強するだけで、英会話の練習をしないので、英会話が上達しなくても当然だろう。

しかし、社会人になってから英会話の教材を使ったり、英会話教室に行ったりして勉強しているのに、英語が一向に上達しない人が大勢いるというのだ。

続きを読む