【悲報】外国人の友達を作っても英語ペラペラにならない理由

外国人の友達と英語で会話

英語教材を使って英語を勉強しても、なかなか英会話は上達しなくて悩む人は大勢います。

「外国人の友達を作って英語で話していると、英語教材で勉強をしなくても自然に英語を話せるようになるはず」

「外国人の友達がいたらなあ」

なんてことをあなたも考えたことがあるかもしれないですね。

でも、本当に外国人の友達を作れば、自然に英語を話せるようになるのでしょうか?

続きを読む

え!そんなにお金取るの?意外に物価が高いアメリカで特に高いもの4点!

ニューヨーク・タイムズスクウェア

アメリカ物価に対してどんなイメージをお持ちですか?

私は、アメリカに行く前、アメリカは安いんだろう、と思っていました。もちろん、店を選んでものを選べば、安いものもたくさんあります。

でも、正直な感想は「アメリカって意外とお金かかるんだな」ということでした。今回は、アメリカの方が高いものをご紹介します。

続きを読む

アメリカ留学のメリットその1、気さくで親切なアメリカ人は友達を作りやすい?

外国人の学生

アメリカ人に対してどのような意見をお持ちですか?私がアメリカに住んで思ったのは、みなさん本当に気さくだな、ということです。日本の都会ではあまり見られないような、思わぬ交流ができることがあります。

だから友達を作って英語をたくさんしゃべり、英語を上達させたいならアメリカ留学にはたくさんのメリットがあります。

続きを読む

「~という条件ならOK」って英語で言えますか?

握手をするビジネスマン

人に何かを頼まれたときの答え方って、「Yes」と「No」だけではないですよね。

「~してくれるならOK」とか「~という条件を受け入れてくれるならYes」とか言いたいときもあるはずです。

今回は、そういう「条件」を英語で言う方法を紹介します。

続きを読む

「もちろん」の英語は「Of course」でいいの?今すぐ使える簡単フレーズ4選

「もちろん」という外国人女性

もちろん」を英語で言えと言われたら何と答えますか?

おそらく、たいていの人は「Of course.」くらいしか思い浮かばないのではないでしょうか。

もちろん、「Of course.」で間違いではありませんが、シチュエーションによっては他にも言い方があります。

そこで、このページでは「もちろん」の言い方を4種類、紹介します。

続きを読む

感謝を伝えるカンタン英語フレーズ4選

Thank youと書かれた手紙

感謝の気持ちを伝える英語表現は何かと聞かれて何を思いつきますか?

おそらく、ほとんどの人は「Thank you.」だけではないでしょうか?

日本語にも、感謝の言葉というと「ありがとうございます。」「心より感謝申し上げます。」など、いろいろな表現があります。

これと同じように、英語にも感謝を表す表現がいくつかあります。

英会話初心者のうちは「Thank you.」だけでもかまいませんが、少し上達してきたら別の表現も使いこなせるようになりたいものです。

そこで、この記事では「Thank you.」にも感謝の気持ちを表す英語表現を紹介します。

覚えるだけで簡単に使いこなすことができるので、ぜひあなたの英語フレーズに加えてください。

続きを読む

「久しぶり」は英語で?3フレーズでラクラク英会話

右手を上げた白人男性

しばらく会っていなかった友達や知人に久しぶりに会ったときに、「ひさしぶり」「お久しぶりです」と英語で言うには、どんなふうに言えばいいでしょうか?

私の記憶では、中学や高校の教科書には、「久しぶり」に該当する英語表現は「Long time no see.」と書かれていたように思います。

でも、この表現って、親しい友達に会ったときでも上司に会ったときでも、どんな相手に対しても使ってもいいのでしょうか?

「ひょっとして目上の人に対して使ったら失礼にあたったりしないかな?」なんて不安になって、怖くて使えなかったりしないように、「久しぶり」は英語でどう言えばいいか例文を使って説明します。

続きを読む

「どういたしまして」は英語で?

お辞儀をする女性

中学や高校で習う英語では、「どういたしまして」=「You are welcome.」と習いますよね。

でも、ネイティブの英語を聞いていると、「どういたしまして」という意味で、「You are welcome.」の他にもいろいろな表現を使っているようです。

何が違うんでしょうね?

さらに、驚いたことに、出版されている、とある英会話の本に、「You’re welcome.は高飛車に聞こえる」なんて内容のことが書かれています。

「えっ、じゃあ学校で習った英語表現は高飛車で失礼なの?」って思いますよね。

こうなってくると、「本当に『You are welcome.』を使っていいのかな?」なんて心配になったりしませんか?

そこでこのページでは、「どういたしまして」は英語でどのように言えばいいのか、「You are welcome.」は失礼な表現なのかなど、例文を挙げて説明します。

続きを読む

「お疲れ様」は英語でどう言うの?3つの例文から学ぶ使い方

会社で男性から差し入れを受け取る女性社員

あなたは「お疲れ様」という表現をどのような状況で使うだろうか?

職場で、自分より先に帰宅する人に向かって「お疲れ様です」と言ったり、仕事を終わって会社を出るときに、まだ残って仕事をしている同僚などに「お疲れ様」と言ったり、「やあ、こんにちは。」くらいの気軽な挨拶として「お疲れ様」と言ったり。

いつでも誰に対してでも使える無難な表現である。

しかしなぜか、「お疲れ様」という言葉には「あなたは疲れていますねえ」という意味はない。どちらかと言えば、「ご苦労様です。」とか、「なかなかいい仕事でしたよ。」という意味合いだ。

だから、「お疲れ様」と言いたいときに、英語で「You are tired.」などと言えば、「余計なお世話だ!」と反感を買ってしまう。

では、日本語の「お疲れ様」は英語ではどう表現すればいいのか、3つの例文を通じて説明しよう。

続きを読む